清澄白河

カイモノ

「へんじんもっこ」のたまとろサラミはたまらん旨さ

佐渡にある「へんじんもっこ」という肉屋がつくる、たまとろサラミという激ウマサラミをご存じだろうか。清澄白河にある市松屋という深川ワイナリーの直営ショップで、ワインのつまみとして販売していたのを買って、完全にはまりました。
スポット

野菜のちから|清澄白河のセレクト八百屋でパンを買う!?

清澄白河駅から徒歩3分、清洲橋通り沿いに全国各地から届いた旬の食材がそろう野菜のセレクトショップ「野菜のちから」があります。同じく清澄白河にある人気店「チーズのこえ」(ソフトクリームが最高)の姉妹店です。美味しい野菜はもちろん、都内外の人気店から日替わりで届くパン(!)が、ありがたや~
ブリッジ

清州橋/隅田川一美しい、スカイブルーの鉄製つり橋(江東区-清澄白河駅、中央区-水天宮前駅)

隅田川で一番美しいとも言われている清州橋(きよすばし)。長きに渡る長寿命化およびライトアップリニューアル(LED化)が終わり、再びその麗しい姿で行き交う人々を楽しませています。上を走るのは、その名も清州橋通り(都道474号浜町北砂町線)、長さは186.2m、幅は25.9m。東京に住むものなら一度は渡るべき名橋。
PR
スポット

ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグショップ|コーヒーパフェが超絶品!

ブルーボトルコーヒーの日本国内1号店が清澄白河にあることはよく知られていますが、2019年末に大リニューアルして再オープンしたことは知っていましたか? せっかくなので、久しぶりに行ってみました。お目当ては、コーヒーパフェです!
ハウツー

モッツァレラチーズとナスのトマトソースパスタ/夏に食べたい簡単レシピ

ナス、それは夏になると食べたくなる野菜ナンバー1。和洋中にエスニック、どんな料理にも欠かせない超ステキな食材です。夏の休日、そんなおナスを美味しくいただくのにぴったりの「モッツァレラチーズとナスのトマトソースパスタ」の作り方を紹介します。超カンタンで超オススメです!
スポット

アーティチョーク/清澄白河のクラフト感溢れるショコラティエで、骨付き肉!

木場公園の北端にある東京都現代美術館(MOT)のもう少し北、住宅街に溶け込むようにあるアーティチョーク チョコレート (Artichoke chocolate)。ビーントゥバーで作られる本格的なタブレット、遊び心溢れるオリジナルチョコ、地元清澄白河の魅力が凝縮されたパフェなど、独自の路線を突っ走る超人気ショコラティエです。1回では堪能し尽くせないので、MOTのついでに、何回でもどうぞどうぞ。
スポット

東京都現代美術館/誰も知らないMOTの風景(は、ちょっと言いすぎですね)

東京都現代美術館、通称MOTがいよいよ本格再始動しましたね。近くの住人としては嬉しい限りです! すでに、再開館前とは街の休日の雰囲気が少し変わったような印象です。これから気になる企画展が続きますが、ここでは少し足を止めて見られる、建物や風景としてのMOTを紹介したいと思います。人であふれるMOTもよいですが、閑散としたMOTもなかなか味わい深いですね。
スポット

ワールドネイバーズカフェ清澄白河/木場公園隣で昼間に一杯、レモンサワー

南北にながーい長方形・木場公園の右辺上部にある、名前も見た目もオシャレなワールドネイバーズカフェ清澄白河(WORLD NEIGHBORS CAFE KIYOSUMUSHIRAKAWA)。食べものメニューもあるけど、オススメは暑い午後ににふらりと立ち寄っての一杯、喉を爽やかに潤してくれるレモンサワー! 広大な木場公園のさんぽに疲れた紳士、東京都現代美術館(MOT)の展示をじっくり見過ぎて足が棒になった淑女の皆さま、ぜひどうぞ。
ブリッジ

清川橋/清澄公園南、すぐ側ながら隅田川は見えず(江東区-仙台堀川)

仙台堀川の西のドン詰まり、隅田川に一番近くに位置する清川橋(きよかわばし)です。橋のさらに西側には区の施設があるので、ここまでやっと来たというのに隅田川は見ることができません。なんだか悔しいですね。でも橋のすぐ東側は、仙台堀川と大島川西支川の交接点。2河川が一度に見られるのは、得した気分になれますネ。
スポット

清澄庭園/清澄白河駅徒歩3分の由緒正しき名庭、石とカメとスッポンと

東京都指定の名称である清澄庭園(きよすみていえん)は、江戸時代から始まり岩崎家が完成させた、回遊式林泉庭園。数々の歴史的な事件や災害の被害を潜り抜け、いまも訪れる人々を楽しませてくれる名庭です。庭園内には、趣のある建物や美麗な築山・枯山水はもちろん、全国各地から集められた名石が趣向を凝らして配されています。
PR