「へんじんもっこ」のたまとろサラミはたまらん旨さ

たまとろサラミ カイモノ

佐渡にある「へんじんもっこ」という肉屋がつくる、たまとろサラミという激ウマサラミをご存じだろうか。清澄白河にある市松屋という深川ワイナリーの直営ショップで、ワインのつまみとして販売していたのを買って、完全にはまりました。ホームパーティーなどへの手土産にもよいですよ。

PR

かなり生(ナマ)な食感。でも旨い

たまとろサラミ

早く食べた過ぎて撮影前に外袋を外してしまったのだが、見た目はこの通り。サラミとしてはけっこう太いタイプです。そして中身。見るからに“生”。食べるまえは、これ食べて大丈夫かな?と思うくらい。苦手な人もいるかもしれません。

たまとろサラミ

でも大丈夫。今回は包丁で切ったけど、スプーンでもすくえる硬さなので粗目にざくざくすくって、さらに盛り付けてもいい感じかも。ちょっと勿体ないけど、コーンビーフみたいな感じでホットサンドとかにしても絶対おいしい。

言わずもがなですが、ワインにも完璧にあいます。個人的には、軽めのスパイシーな赤ワインあたりが一番良い気がしました。食べきるまでどっちも止まらなくなる、魔のツマミ…

home:市松屋
発酵と醸造をコンセプトにした深川ワイナリーの直営店です。ワインをはじめ発酵食品を取り扱っております

 

「へんじんもっこ」ってなんのこと?

名作・たまとろサラミの製造元は、佐渡島にある精肉店「へんじんもっこ」。どうやらそのまま、“変人”が名前の由来のようです。一方の「もっこ」は佐渡弁で、他人に迎合せず信念を貫く人のことをそう言うのだとか。

とにかく、他人の目を気にせず、自分たちの美味しさを追求した結果として世に送り出したのが、たまとろサラミなんですね。

たまとろサラミ

ちなみにたまとろサラミはトレードコンテストで金賞を受賞しています。

このシールだけじゃなんのことやらわからないですが、ヨーロッパの権威あるコンテストとのことでした。納得の美味しさです。

 

AMAZONで調べると、【へんじんもっこのソーセージ・サラミ詰め合わせ バラエティーセット】が販売されていました。6,150円とちょっと値が張りますが、各種焼ソーセージに加えて、絶品のレバーペーストとビアヴルストも入っているので、むしろおトクなんじゃないでしょうか?

へんじんもっこバラエティーセット

AMAZONから引用

へんじんもっこのソーセージ・サラミ詰め合わせ

 

 

「へんじんもっこ」を作っている家族のお話しが一番詳しく紹介されていた記事です。いいお話しだなぁ。

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
カイモノ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく