山手線

ブリッジ

東台橋/崖の上から田端駅前を見下ろす(北区-田端切り通し)

田端駅の周辺の地形は面白く、ざっくり三段になっています。その一番上の段をざっくり切り取って通した道に架かる東台橋(とうだいはし)。橋上からは、田端駅北口とその奥、新旧の田端大橋を一望できます。
ブリッジ

新田端大橋&田端大橋(田端ふれあい橋)/線路をまたぐ鉄道ファンの聖地!?(北区)

山手線で一番ナッシングな駅として鈍い輝きを放つJR「田端駅」。その北口改札を出てすぐのところにあるのが新田端大橋と、新田端大橋と並行して架かる歩行者専用の田端ふれあい橋です。川ではなく線路をまたぐ陸橋で、橋の上を新幹線高架が横切っているのも大きな特徴になっています。 
スポット

動坂食堂(どうざかしょくどう)/田端から徒歩10分の超人気店のランチ定食

動坂食堂は、街の食堂としては東京でも指折りの人気店。"最高の昼ごはん"として某dancyuにも大紹介されるほどですが、どこからも行きにくいのがタマにキズ。最寄はJR「田端駅」、なんとか自分を鼓舞して参りましょう。後悔はしません。さぁ、大満足のランチを食べに、気合い入れて参りましょう。
アクセス

田端文士村記念館への行き方&オススメの寄り道/田端[アクセスガイド]

JR山手線の田端駅にある田端文士村記念館(たばたぶんしむらきねんかん)への行き方や、“田端ナッシング”なんてからかわれることも多い地味~な田端駅周辺にある、せっかく来たなら(だって二度と来ないかもしれないし)絶対に行くべきオススメスポットを紹介します!
ブリッジ

五反田大橋/山の手を発つ国道1号を西へと見送る(品川区-目黒川)

JR五反田駅で、山手線と垂直に交わる国道1号こと桜田通り。桜田門から始まり西国へと伸びるこの通りが、第二京浜という情緒のかけらもない呼び名を与えられる直前、その最後の花道を飾るのが五反田大橋です。
ブリッジ

大崎橋/最寄りも住所も五反田なのになぜこの名前?(品川区-目黒川)

東京一のオシャレ河川と言えば目黒川ですが、そこに架かる大崎橋を知ってますか?JR五反田駅のすぐそばで所在地は西五反田、なのに名前は隣駅のそれ。なんでこんなことになっているんでしょう。
スポット

おにやんま 五反田本店/駅近&超人気のさぬきうどん屋の本店に突撃!

五反田駅すぐそばにある、超人気うどん店「おにやんま 五反田本店」。決して飽きのこない、それでいてパンチのある、どんな人でも虜にする至高のファストフードを食べに行こう。
ブリッジ

ふれあいK字橋/看板に偽りあるけどうーむ憎めない(品川区-目黒川)

品川区の目黒川(めぐろがわ)に架かる、ふれあいK字橋です。歩行者専用なので"ふれあい"と付けたのかなと想像しつつ、じゃあK字って? 4又の橋なのかなと思ったら、豪快に違いました。まっすぐ、一本橋です。
スポット

桑原商店 (五反田)/”あたらしい街の酒屋”が、飲みニケーションを再定義する

JR山手線「五反田駅」から徒歩5分の桑原商店(くわばらしょうてん)は、客・生産者・酒屋の三方良しが飲みニケーションの再定義によってデザインされた、スタイリッシュで野心的な、"あたらしい街の酒屋"。空間設計は、スキーマ建築計画の長坂常さん。
PR