おにやんま 五反田本店/駅近&超人気のさぬきうどん屋の本店に突撃!

おにやんま五反田本店 スポット

JR山手線「五反田駅」西口から徒歩すぐのところに、昨今怒涛の勢いで東京各地に出店中のさぬきうどん屋、おにやんまの本店があります。

美味しくて&安い至高のファストフード、それがうどん。ほんと大好き。

PR

どこにあるの? |お店までの行き方

おにやんま

JR高架のすぐ脇にあります。個建て!

JR五反田駅の西口を出て左に進むと、すぐ大きな通りに突き当たります。その通りの向かい側に見えているのが、今回の目的地おにやんま 五反田本店です!

と言っても、店にたどり着くには少し迂回しなければなりません。店に向かって右手の横断歩道を渡り、一度目黒川方向に向かいプロントの前あたりにある横断歩道を渡って向かいましょう。

駅からの最短距離を走って渡る食いしん坊も時々見かけますが、結構交通量が多いので危ないです。ここは素直に少し回り道しましょう。それでも駅から2〜3分で着いちゃいます。

 

どんなところなの? |注文方法、店内マナー

店舗近景、入口は左右両端にあります

店の前に到着。オーラ、見えてますか? 出てますよ。

左端の人が立っているあたりに券売機が1台あり、そこで食券を購入してから店に入るシステムになっています。

年季の入った券売機。置いてあるの屋外だもんね

こちらが券売機。売れ筋の人気メニューが、最上段に写真入りで4種。「冷『並盛』とり天・ちくわ天ぶっかけ 530円」「冷『盛』とり天・ちくわ天ぶっかけ 650円」「冷『並盛』とり天・ちくわ天おろし 530円」「冷『盛』とり天・ちくわ天おろし 530円」。

ふーむ。ちょっと意外なラインナップ。

歩道にある看板。注意書きをよく読んで!

店舗前歩道の車道寄りにはこちらの看板が。通常ランチタイムは長蛇の列ができるわけですが、店に入れない客はこの看板を先頭にしてズラッと並ぶことになります。

看板に書いてある通り、行列に並ぶ前に食券を購入しなければならないので、初めて訪れる方は注意してください! しっかり吟味して購入した食券を握りしめてから、列の最後尾にならんでください。 ピークタイムに訪問してしまうと、列の長さに怖気づいてしまいそうになりますが、回転は速いのでがんばって並びましょう。その価値はあります。

 

ちなみに店内には待ちスペースはなく、入店=食事ということになります。いよいよ中から声がかかったら身をすぼめて入店(狭いですっ!)。セルフでお水を準備して待ちましょう。

 

どこがすごいの? |オススメと言うか、お気に入りメニュー

おにやんま五反田本店

はいかいちゃんのオススメメニューはこちら、

温『並盛』とり天・ちくわ天ぶっかけ 530円です!

人気メニューは”冷”でしたが、オススメはだんぜん”温”!

入店して待つこと1~2分、丼が目の前に到着した瞬間、出汁のよい香りが食欲をぐいぐい刺激してきます。少々荒っぽい(笑)店構えや厨房の慌ただしさからは想像できできないような、繊細な味の出汁です。無類の生姜好きのはいかいちゃんですら、最初から投入するのをためらうほどです。最終的には大量にいれてしまうんですが。笑

卓上セット。天かす、七味、生生姜!

天ぷらも目の前でどんどんあげられてききますが、醤油風味?の下味も絶妙についていて、ちょこちょこと出汁に浸しながら気がつけば目の前から消えています。エビも美味しいけど、ここではやっぱりとりちくわで必要十分です。

また忘れてはならないのが麺。さぬきがベースということで、それなりのコシがありつつも、強すぎないのがとっても好み。そして少し細めで、ほどよいもっちり感が出汁と絶妙に絡み合います。この決して押し付けがましくない優しい食感が、いつどんな時でも食べたくなる大きな理由です。

おしまい

簡単に言えば、「そりゃ流行るよね。」というお店。数年前と比べると、少し値上げしてるのかな?と思いますが、それでも十分安い。この立地で、この早さで、この味を食べられれば文句ありません。最近出店ペースが加速しているような気がするけれど、味さえ落とさないでいただければ大歓迎です! これからもよろしく。

 

【店舗DATA】

定休日:年中無休

営業時間:月〜土 7:00〜27:00、日・祝 7:00〜24:00

 

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
スポット
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく