堅川

ブリッジ

千歳橋/堅川にひっそりと架かる”ちとせはし”(墨田区-堅川)

墨田区を流れる堅川にかかる千歳橋(ちとせはし)です。かつて隅田川からの順番で一之橋、二之橋と呼ばれていた堅川にかかる橋ですが、現在かかっている橋を数えると千歳橋は3番目。千歳橋のすぐ東に架かっているのが二之橋です。江戸時代にはなかったということですね。
ブリッジ

塩原橋/本所に過ぎたる炭屋塩原がその名の由来(墨田区-堅川)

“本所には過ぎたるものが二つあり、津軽屋敷に炭屋塩原”と謡われた、塩原太助(しおばらたすけ)が塩原橋(しおばらばし)の由来です。歌舞伎や落語の題材としても有名な塩原太助の炭屋は、この橋のすぐ北側にあったようですよ。
ブリッジ

一之橋/隅田川から一つ目だから一之橋(墨田区-堅川)

墨田区と中川を東西につなぐ堅川(たてかわ)に架かり、隅田加賀から数えて一番目の橋、それが一之橋(いちのはし)です。長谷川平蔵が活躍する池波正太郎の人気時代小説「鬼平犯科帳」にも、“一ツ目橋”としてその名が確認できます。
PR