一之橋/隅田川から一つ目だから一之橋(墨田区-堅川)

一之橋 ブリッジ

墨田区と中川を東西につなぐ堅川(たてかわ)に架かり、隅田加賀から数えて一番目の橋、それが一之橋(いちのはし)です。長谷川平蔵が活躍する池波正太郎の人気時代小説「鬼平犯科帳」にも、“一ツ目橋”としてその名が確認できます。

PR

一之橋の歴史

一之橋

江戸時代、隅田川より東側の本所エリアの開発を幕府が行った際、治水工事の一環でタテヨコに張り巡らされた排水路が堅川のはじまり。このタテヨコは、隅田川に対してのタテヨコなので、隅田川に垂直に接続する堅川は、その名の通りタテということになります。
この堅川に架けられた橋のうち、一番隅田川に近いところにあるのが一之橋。由緒ありますね。

さらにこの一之橋は、赤穂浪士が仇討ち帰りに最初に渡った橋としても知られています。

一之橋

現在は、堅川の上を首都高速7号小松川線が走っているため眺めや見栄えはあまりよくありませんが、かつて堅川の両岸には全国から江戸に向けて水運でもたらされた多種多様な物品をあつかう商家や土蔵が建ち並び、たいへんな賑わいをみせていたと言います。

とても歴史と由緒のある、重要な橋ですね。

 

一之橋からの風景

一之橋

一之橋上から西側を望む

一之橋の上から見た西側水門です。その向こうは東京を代表する河川・隅田川ということになります。隅田川に出ると、上流側にあるのが両国橋、下流側にあるのが新大橋です。

一之橋

一之橋上から東側を望む

こちらが東側。一直線にのびる堅川と、首都高速7号小松川線が完全に重なり合うダイナミックな眺めです。首都高速の高架がかなり高いこともあり、あまり閉塞感はありません。川幅も広く、近年両岸に遊歩道の再整備が進んでいます。

隣に見えるのは塩原橋(しおばらばし)です。こちらも一之橋に負けず劣らず、江戸の歴史を今に伝える名橋です。

塩原橋/本所に過ぎたる炭屋塩原がその名の由来(墨田区-堅川)
“本所には過ぎたるものが二つあり、津軽屋敷に炭屋塩原”と謡われた、塩原太助(しおばらたすけ)が塩原橋(しおばらばし)の由来です。歌舞伎や落語の題材としても有名な塩原太助の炭屋は、この橋のすぐ北側にあったようですよ。

 

一之橋の周辺

一之橋から見えるエンゼルファミリー

一之橋のすぐ南側にあるスーパー・エンゼルファミリーです。私は学生の頃、ここから徒歩5分ほどの新大橋の三丁目に住んでいたことがあり、よくこのスーパーを利用していました。とても懐かしいですが、スーパー自体には特に良い思い出も悪い思い出もありません。笑

一之橋

塩原橋の南詰あたりからみた一之橋です。高架の影になっているのに加え、奥に水門があり見通しが悪いため、景色としてはよくはないですね。

一之橋そば

一之橋の南側から徒歩1分ほどで隅田川です。大人の背丈よりも高い堤防がありますが、川沿いの遊歩道に出るための階段が設けられており、いつでも誰でも、簡単に隅田川沿いにでることができます。

すぐ近くには「映水庵(えいすいあん)」というカフェがあり、どうやら店内から一之橋が眺められるようです。

とても気になるロケーションなのですが、未訪。いつか訪れてみたいですね。

映水庵 (浜町/カフェ・喫茶(その他))
★★★☆☆3.08 ■予算(昼):~¥999

 

おしまい

景色 ★★

容姿 ★

価値 ★★★★

堅川の第一の橋、一之橋。江戸時代からの歴史を今に伝えるたいへん重要な橋です。時代の移り変わりにより、現在はあまり日の目を見ることがありませんが、東東京の橋めぐりでは外すことのできない名橋です。赤穂浪士の促成をたどり、この橋の上で涙の一つでも流してみるのも一興かと存じます。

行き方(アクセス):JR両国駅から徒歩7分ほど、都営大江戸瀬・新宿線森下駅から徒歩10分 ほど

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
ブリッジ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく