SESSiON(セッション)|ハマチョウホテルのブルーノート直営店で特製ハイボール

ハマチョウホテル スポット

ここ数年、注目を集め始めている街・浜町(ハマチョウ)。日本橋のはずれ、人形町の脇っちょにある小さな町に、雰囲気◎でいかにもエッジーでとってもエモーショナルなダイニングレストラン「SESSiON(セッション)」が、2019年2月に誕生していました。「HAMACHO HOTEL(ハマチョウホテル)」も要チェック!

ちなみにメイン写真は「HAMACHO HOTEL」のロビーラウンジです。

 

PR

「HAMACHO HOTEL&APARTMENTS」の中にあります

浜町ホテル/エントランスサイン

浜町ホテル/エントランスサイン

浜町ホテル/カウンター

浜町ホテル/カウンター

浜町ホテル/通側ラウンジ

浜町ホテル/通側ラウンジ

正式名称「HAMACHO DINING&BAR SESSiON(ハマチョウ ダイニングアンドバー セッション) 」は、同じく2019年2月にオープンした「HAMACHO HOTEL&APARTMENTS(ハマチョウ ホテルアンドアパートメンツ)」aka浜町ホテルの1階に入っています。

浜町ホテル自体もかなり角が立ってるのですが、プロデュース会社をみて納得。

あのクラスカ(2020年12月営業終了。涙)や、浅草のブンカホステルをプロデュースしているところですね。オシャレじゃないわけがない…

ホテル | UDS株式会社
まちの価値を高めるホテルづくり。飲食・住宅・オフィスとの複合で、まちに開かれ、まちの価値を高めるホテルづくり。幅広い企画・設計・運営ナレッジで3000円のホステルから、30000円のラグジュアリーホテルまで展開。

 

ネル クラフトチョコレート

ネル クラフトチョコレート/外側入口

浜町ホテルは、ホテル&賃貸住宅&店舗の複合施設。「緑」と「手しごと」がコンセプトということで、1階にはビーントゥーバースタイルのチョコレートショップ「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO(ネル クラフト チョコレート トウキョウ)」も入っています。

 

同じくビーントゥーバースタイルの名店「アーティチョーク」

アーティチョーク/清澄白河のクラフト感溢れるショコラティエで、骨付き肉!
木場公園の北端にある東京都現代美術館(MOT)のもう少し北、住宅街に溶け込むようにあるアーティチョーク チョコレート (Artichoke chocolate)。ビーントゥバーで作られる本格的なタブレット、遊び心溢れるオリジナルチョコ、地元清澄白河の魅力が凝縮されたパフェなど、独自の路線を突っ走る超人気ショコラティエです。1回では堪能し尽くせないので、MOTのついでに、何回でもどうぞどうぞ。

 

 

「SESSiON」へのアプローチ&インテリア

セッション/内観

セッション/内観

とてもいいです。

浜町ホテルの正面入口を入るとすぐ左手に、セッションの入口があります。

いい具合にオープンで、何も考えていなくてもとりあえず中を覗いてしまうような、自然な導線と開放感。

かく言う私も、中まで入るつもりはなかったのですが、思わずスルスルと入り込んでしまいました。

浜町ホテル/外観

浜町ホテル/外観(この下からも入れそう)

また、浜町ホテルのサインは建物の角にあるものが一番印象的なんですけど、その真下にも普段は使われていない扉が。セッションでパーティー等を催す際には、そっちから入れるようにするのかもしれません。

宵闇の時間帯にドレスアップしてこの扉をくぐることを想像すると、少しドキドキしますね。

 

セッション/奥の大テーブル

セッション/奥の大テーブル

店内は天井がとても高くて開放的!

入口すぐのところにバーカウンター、窓際はゆったりとしたソファー席が連なっています。中央部分は一段下がっていて、そこはそこでなんだか落ち着きそう。奥の方にはちょっとしたパーティーやお祝いにも使えそうな大人数用のテーブルなんかもありました。

ホテル併設ということもあって、結婚パーティーとかレセプションパーティーとか、いろいろな用途を想定したデザインだということが想像できます。

セッション/入口付近のバー

セッション/入口付近のバー

 

「SESSiON」はブルーノート・ジャパンがプロデュース

実は、店を出てから気が付いたこの事実。

「とてもよい店だったな~」と思いつつ、遅ればせながらスマホでポチポチ復習していたところ目に飛び込んできたこの記事。

日本橋浜町にブルーノート・ジャパンが運営する飲食店舗「HAMACHO DINING&BAR SESSiON」がオープン

 

思わず「早く言ってよ~!」 と独り言。

子連れのため、何か粗相をしでかさないか常に気をまわしていたため、正直音楽まで意識がたどり着いていなかった。でも言われてみれば、ソニー・クラークあたりが聞こえていたようなうっすらとした記憶も…

 

次回はそのあたりも気にしながら、ディナー(できれば子無しで)にのんびり訪れのんびり訪れてmにたいものである。たぶん無理だろうけど。笑

 

嬉しい&おトクなハッピーアワー

セッション入口

今回ふらふらっとお邪魔した一番の要因は、ハッピーアワー!

見えないと思うので補足をすると、上の写真のメニューの右上にこう書いてあります。

Happy Hour 14:00~18:00 ALL \500

それまでモジモジ中を覗き込んでいた私ですが、この文字文字を確認した瞬間に入店しました。

 

SESSiONハイボール

SESSiONハイボール

注文したのは、SESSiONハイボール

通常は680円だけど、ハッピーアワーだから500円。たった180円だけど、やっぱりうれしいハッピーアワー。

少しウィスキーが薄めで物足りなかったけど、シナモンスティックが入っていたあたりがSESSiON感だったのかしら。ま、昼間に軽く一杯ひっかけるにはちょうど良い感じでした。

 

アップルスイーツ

アップルスイーツ

子供用に頼んだのはアップルパイみたいなやつ(メニュー名忘れた&値段忘れた)。

普通のアップルパイではなくて、パイ的なパーツと煮詰めたリンゴが最後の段階で交互に重ねられていて、上にポンとアイスが乗っていました。これまで食べたことがないパターン。

オシャレなような、手間を省いた簡単調理が目的のような(笑)。

なにはともあれ子供が満足してたから問題無しです。

 

おしまい

家からも徒歩圏内の浜町にできた新スポット。なにかと最近「オシャレ」と言われがちなエリアではあるものの、セッションみたいなスポットはありませんでした。これからも散歩のついでのリピート&ハッピーアワーは間違いなし。あわよくばディナー、あわあわよくば浜町ホテル宿泊もいつかしてみたいです。

店舗データ

営業時間 7:00~10:00、11:30~23:00(日曜・休日は~21:30)
定休日 無給
電話番号 03-3666-3303

※予約はこちらから(公式WEBサイト)

HAMACHO DINING&BAR SESSiON(セッション)|日本橋浜町
HAMACHO DINING&BAR SESSiONのコンセプトは「街のダイニング(食堂)」。ランチやカフェタイムは少し懐かしい街の食堂・喫茶店を彷彿とさせるメニュー、ディナーはジャンルレスな小皿料理などをカジュアルに楽しめるのが魅力です。浜町の街と人の様々なシーンに寄り添うダイニングです。
【公式】HAMACHO HOTEL TOKYO
江戸の風情と下町情緒を併せもつ東京日本橋浜町。コンパクトながらすぐ近くに緑を感じられる客室、まちのリビングのように誰もが気軽に利用できるラウンジやレストラン、ショップなどを通して、浜町“自家製”のおもてなしを、感じ、お楽しみください。
nel craft chocolate tokyo
nel craft chocolate tokyo は日本橋にオープンしたBean to Barチョコレートの専門店です。「手しごと」と「日本らしさ」をコンセプトにしたチョコレート商品を販売。浜町に住み、働く方々、そして浜町を訪れるゲストが集まり、購入と賑わいが生まれる場を目指します。

 

おまけ

浜町ホテル/ロビーラウンジ

ホテルロビーラウンジ

nel/ホテル側入口

nel/ホテル側入口

nel/店内

nel/店内

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
スポット
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく