木場橋/立派な名前ながらも恵まれないロケーション(江東区-木場親水公園)

木場橋 ブリッジ

木場親水公園を渡すために架けられている木場橋(きばはし)。江東区を代表する地名、そして地域を代表する“木場”という名称を冠してはいるものの、いろいろと、いかにも物足りないトラス橋。もしかしたら、各所お見合いして「あれ?もしかして橋名としては使われていない?」なんて感じでつけられたのかもしれませんね。失礼ながら。

PR

木場橋からの風景

北側、木場親水公園側の眺め。遠くに鶴の橋(つるのはし)が見えます。画面上部を見てもわかる通り、橋のすぐ脇には太い水道管が走っており、橋の上からはキレイな風景は楽しめません。

この写真も、下から覗き込むように撮影したものです。

とは言え、覗き込みさえすればこの通り、かつての木場を再現したのどかな風景が広がっています。逆にとても残念ですよね。

 

こちらが南側。

正面や右上に見えるのは、首都高速道路です。木場の出口がすぐ東側にあるため、ダイナミックな首都高速道路が周囲を走っています。当然ながら騒音もあるので、その点も含め、なんただか落ち着かない木場橋周辺です。

鶴の橋/木場親水公園内にある情緒豊かな木橋(江東区)
木場公園から三ツ目通りを隔てた西側に、並行するように整備された木場親水公園。このこの園内に復元された、かつての木場の風景を象徴するのが鶴の橋(つるのはし)です。

 

木場橋がある風景

木場橋はシンプルな天井なしのトラス橋。単径間鋼製トラス橋って言うらしいです。

全長は27m 。街中の橋としても小さめの部類に入る、とてもつつましやかでシンプルな橋です。

 

おしまい

景色 ★

容姿 ★★

価値 ★★

とても素晴らしい名前をもつ、とても地味な橋です。個人的には天井開放型のトラス橋は大好物なのですが、いかんせんロケーションがいまいち。南北をふさがれ、そのポテンシャルの半分も出せていないのではないでしょうか。願わくば、いつか首都高速が全線地下化(そんな話しあったっけ?)された際に、そのすばらさがすべての橋好きと江東区民に届きますように。

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
ブリッジ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく