吹屋の紅てんぐ 柚子唐辛子/ピリリと辛カワイイ、手作り万能調味料

カイモノ

昨冬の終わり(2019年2月)、岡山へ出張はいかい(家族旅行…)に行って参りました。
当然立ち寄った倉敷のマジカルパントリーこと平翠軒(へいすいけん)で 、ある調味料に目が釘付け。お土産にぴったりでパッケージもカワイイ、吹屋の紅てんぐ 柚子唐辛子です。人にあげるのがもったいなくなって、結局自宅で開けちゃってますが。笑

 

PR

思わず目が留まる、目力(めぢから)強めのパッケージ

右が紅てんぐ、お隣は紅だるま

店内でなにやら視線を感じてそちらを見ると、低いところから瞬きもせずこちらを見ていた紅てんぐ(と、紅だるま)。
思わず近づいて手に取ると、パッケージに備中高梁 吹屋の紅てんぐ 柚子唐辛子の文字。柚子唐辛子! 即座に購入決定です。
実はわたくし、柚子胡椒を筆頭に、柚子が香る食べ物や調味料にめっぽいう弱いんです。さらに、デザイン(特に見た目…)が良いとなると、買わない理由がありません。

後から知ったんですが、この紅てんぐ(と、紅てんぐ)のイラストとパッケージをデザインしたのはCOCHAE(コチャエ)という、岡山で活動するデザイン・ユニット。紙モノ、特に折紙を中心に魅力的なプロダクトを量産中のようです。

岡山で見た山方永寿堂のきびだんごも、COCHAEのお仕事でした! ステキです。

 

ちなみにはいかいちゃん家は、五味太郎さんのイラストにひかれて、廣榮堂さんのきびだんごを選んでしまいましたが。笑

廣榮堂 公式サイトから

Amazon | 廣榮堂 元祖きびだんご | 廣榮堂 | 団子 通販
廣榮堂 元祖きびだんごが団子ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

紅てんぐの里、備中高梁 吹屋

商品名から想像するに(と言うか書いてある)、紅てんぐが作られているのは備中高梁の吹屋というところのよう。
岡山県高梁氏の吹屋地域は、石州瓦とベンガラ漆喰壁が織りなす、赤い町並みが広がっているステキなところです。

販売元は佐藤紅商店。そのシックなネーミングや備中高梁という所在地から、かなりの老舗をイメージしましたが、なんと創業は2015年。

佐藤紅商店について 
当店は2014年に吹屋地域で出会った赤柚子胡椒の美味しさに感動し、調味料の製造を始めました。岡山県高梁市で生産した赤唐辛子と柚子を使用した柚子胡椒を地元の青年団で200個作り、販売することから始まりました。以後、唐辛子を中心とした辛味調味料の製造販売に取り組み、少しずつ生産量と商品数が増やしてまいりました。 
「自分が分からないものは使わない」の感覚を大切に、農薬や添加物は使わず、安心・安全・スローペースな物作りに取り組んでいます。よろしくお願いいたします。
~公式サイトから抜粋~

いいじゃないですか。「自分が分からないものは使わない」、当たり前のようですが、実はなかなか難しいことです。口に入るものなので、とても安心感がありますよね。

高梁産の赤唐辛子と柚子で作られた紅てんぐ。

名前の由来は、高梁市にある樹齢1200年の「祇園の天狗大杉」で羽を休めたと伝わっている鳥天狗。その伝説の天狗が届ける地域の素材で作られた柚子唐辛子、食べてみたいと思いませんか?

柚子唐辛子、どんな味?

見た目的にはタバスコのような感じですが、柚子酢を使っているところが決定的に違うところです。
柚子酢とは、柚子果汁そのもののこと。紅てんぐは、その柚子酢と吹屋で栽培された赤唐辛子を混ぜて作られています。確かに紅てんぐ、ピリピリする刺激的な辛さはありつつも、スーっと鼻に抜ける爽やかさがあります。柚子果汁の仕業ですね。

本当にその土地ならではの素材で生み出された味、お土産にピッタリ。

公式サイトには、洋食、中華、刺身など、多くの食材&料理に合うと書かれています。万能調味料ですね。

特に定番は、うどん・そば・ピザ・餃子・焼鳥、チャーハン、などなど。

我が家ではまず、定番メニューの中に紹介もあった、シュウマイで試してみましたが、おいしかったです!!! 柚子酢こと柚子果汁がかなり効いていて、そのままちょっとつけても、しょう油にといても、普段とは違う爽やかな辛味が楽しめました。

これからいろいろな料理に合わせてみるのが、とても楽しみです!

販売元/公式サイト

おしまい

佐藤紅商店の紅てんぐ、味もかなり満足&作り手への好感も持てる、レベルの高い岡山産品です。誰かへのお土産にはもちろん、ぜひ自宅用にも連れて帰って、あれやこれやに活用してみてはいかがでしょうか。その際はぜひ、紅だるまちゃんもご一緒に!

 

 

おまけ

こんなディテール、ちょっと嬉しいですよね

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
カイモノ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく