木更木橋/ブルーボトルコーヒーの最寄り橋(江東区-仙台堀川)

ブリッジ

江東区を流れる人気運河、仙台堀川に架かる木更木橋(きさらぎばし)です。橋の北詰から徒歩30秒ほどにあるのは、泣く子も黙るブルーボトルコーヒーの日本1号店。ブルーなボトルを手に、橋の上から穏やかな川面を楽しみましょう。

PR

木更木橋からの風景

橋上から東側を望む

南側の桜は満開!川面にしなだれかかるような、見事な枝ぶりです。もう少しすると、桜の花びらが川面に乱れ落ち、仙台堀川がピンクに染まります。

遠く隣に見えるのは亀久橋(かめひさばし)です。

 

橋上から西側を望む

こちらも南側は満開、北側は5分咲きの桜です。日当たりのせいか、種類が違うのか。

隣に見えるのは、清澄通りを南北に渡す海辺橋です。

亀久橋/運河にかかるめでたい名前&歴史的名橋(江東区-仙台堀川)
江東区を流れる風流な運河・仙台堀川(せんだいぼりがわ)に架かる、亀久橋(かめひさばし)です。清澄白河のサードウェーブな人気珈琲店が集中する平野と、門前仲町のすぐ北エリア・冬木をつないでいます。南北の親柱にはステキなステンドグラスの装飾が。 
海辺橋/そんなに海には近くはないよ深川ド真ん中(江東区-仙台堀川)
江東区の桜の名所・仙台堀川に架かる、海辺橋です。上を走るのは深川エリアの大動脈である清澄通り。この橋から北は清澄白河、南は門前仲町です。橋のたもとにはかなりリアルな芭蕉さんが、ぬーんと鎮座されてます。

 

ちなみに、緑の季節はそれぞれこんな感じ。 上が西側、下が東側。

 

木更木橋がある風景

歴史と文化の散歩道

6角形?の親柱

なにをモチーフにしているでしょうか。木場に関係があるような雰囲気もありますが、どうでしょう?

橋の南側にある川沿い遊歩道

川沿いの道は桜並木。春にはピンクのトンネルが数百メートル続き、絶景の桜さんぽが楽しめます。

 

木更木橋にまつわるあれこれ

欄干には、深川でかつて見られた風景が。カラフルながらものどかなタッチに癒されます。ここに描かれている通り、このあたりはもう木場です。かつてはたくさんの材木問屋があった地域ですが、いまはその名残もあまり見つけられません。

ですが運河は今も、深川の町を静かに流れ続けています。

橋のすぐ北側には、ブルーボトルコーヒーの日本1号店があります。

橋の上から撮影した下の写真の中央あたり、白い壁のように見えるのがそうです。近い!

さらにその奥、遠くにスカイツリーも見渡すことができます。なんだかよい立地ですよね。

 

おしまい

景色 ★★★★

容姿 ★★

価値 ★

仙台堀川の中間地点、春には右を見ても左を見ても桜桜桜。人がたくさんいてもあまり華やぎすぎず、静かな佇まいを保っているように感じるのが深川の魅力。ブルーボトルなどの最旬スポットを巡る合間に、ホッと一息つきに立ち寄ってみてはいかがでしょうかね。

行き方(アクセス):各線「清澄白河駅」から徒歩12分、各線「門前仲町駅」から徒歩12分

 

以上、はいかいちゃんでした。

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
ブリッジ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく