中央区

ブリッジ

南高橋/両国橋に起源をもつ古き良き鋼鉄トラス橋(中央区-亀島川)

東京都中央区を流れる亀島川の最下流にかかる、南高橋(みなみたかばし)です。橋のすぐ下流(東側)には亀島川水門があり、その先は隅田川です。橋からは見える佃エリアの高層マンション群を仰ぎ見る景色は少しシュールで、ある種"東京らしい"眺めでもあります。
スポット

シェルブール|水天宮前でいただく喫茶モーニングは傘の上

東京で安産祈願と言えば水天宮。その水天宮から道を挟んで斜向かいにある昔ながらの喫茶店がシェルブール。詳しい事情はわからないけれど、2階店舗の1階部分はまさかの傘屋。卵が先か、鶏が先か。とにもかくにも、素朴で少しトリッキーな人気モーニングを食べにぜひどうぞ。
ブリッジ

清州橋/隅田川一美しい、スカイブルーの鉄製つり橋(江東区-清澄白河駅、中央区-水天宮前駅)

隅田川で一番美しいとも言われている清州橋(きよすばし)。長きに渡る長寿命化およびライトアップリニューアル(LED化)が終わり、再びその麗しい姿で行き交う人々を楽しませています。上を走るのは、その名も清州橋通り(都道474号浜町北砂町線)、長さは186.2m、幅は25.9m。東京に住むものなら一度は渡るべき名橋。
ブリッジ

日本橋/日本の中心、ただただ惜しい歴史的名橋(中央区-日本橋川)

日本の中心がどこなのか?という議論は大いにあるかもしれないけれど、日本の道路の中心は誰の異論もなく日橋(にほんばし)。橋自体も、大迫力の石組橋梁、絢爛豪華な欄干装飾、徳川慶喜による親柱の橋名揮毫などなど、超スペシャルな存在なのですが、本当に本当に惜しい特大の残念ポイントが1つ。前を走る高架の首都高速、どうにかしてくれい!
スポット

薬祖神社/日本橋室町・福徳の森で無病息災を全力祈願

日本橋の北側エリア、コレド室町の裏手にある憩いの広場・福徳の森の一角に、薬祖神社(やくそじんじゃ)というこじんまりとした社があります。見るからに新しい社殿を囲む壁柱には、有名な製薬会社の名前がズラリ。薬業界に所縁の深い、「くすりのまち」日本橋の象徴を訪ねてきました。
PR