巴橋/富岡八幡宮の紋所が名前の由来(江東区-大横川)

巴橋 ブリッジ

門前仲町の繁華街のすぐ南、街に寄り添うように流れる大横川にかかる巴橋(ともえばし)です。巴という名前も、門前仲町の中心・富岡八幡宮の紋所である三つ巴から取られてます。見た目はとても地味なガーター橋ですが、春には桜にまみれ、多くの花見客でにぎわう中心として華やぎをみせます。

 

PR

巴橋から見た風景

巴橋上から西側を望む

巴橋から見た西側、つまり隅田川方面の眺めです。

隣に見えるのは石島橋(いしじまばし)。遠く正面には、中央区のビル群まで見通せます。まっすぐに流れる大横川にしなだれかかる両岸の樹木は桜(!)です。満開の時期は、それはそれは盛観です。東京を代表する景色と言っても過言ではありません。

 

巴橋からの眺め

巴橋上から東側を望む

東側がこちら。素晴らしい景観です。

隣に見えるのは、東富橋(とうとみばし)です。見た目も、歴史も、色合いも、そして橋からの眺めも一級品。江東区指定都市景観重要建造物にも選定されている、江東区を代表する名橋です。

東富橋/富岡の東で東富なのか、深川鼠の重要建造物(江東区-大横川)
大横川にかかる東富橋(とうとみばし)、北は富岡、南は牡丹です。その富岡の東の端にあることから東富と名付けられたのかもしれないですが、確かなことはわかりません。フラットトラスの堂々たる躯体は、江東区指定都市景観重要建造物にも指定されています。

 

巴橋のある風景

巴橋

見た目はなんの変哲もない橋ですが、門前仲町の中心である富岡八幡宮に一番近くにある橋が巴橋。名前の由来も富岡八幡宮の紋所である“三つ巴”にあります。

ちなみにかつてはこの巴橋のすぐ東側、八幡宮の鳥居の真南に蓬莱橋(ほうらいばし)という橋があったようですが、巴橋が架橋されたことにより撤去されたとのこと。

その蓬莱橋からは八幡宮の鳥居もキレイに見渡せたということなので、ぜひ一度橋の上から鳥居を、そして参道と本殿までを眺めてみたかった…

その富岡八幡宮のすぐ近くには、東京の橋の歴史の中でも重要な存在である八幡橋があります。

八幡橋/門前仲町の菊紋入り鉄橋は文明開化のシンボル(江東区-八幡堀遊歩道)
江東区は門前仲町のシンボル・富岡八幡宮のすぐ東にある国指定重要文化財・八幡橋(はちまんばし)。かつては弾正橋または旧弾正橋と呼ばれ、中央区の楓川に架かっていたものが、1929年に移設されて今にいたります。鉄の骨組みには、しめやかなる菊の紋章がくっきり。タダモノではない、歴史的な鉄橋です。

 

巴橋

ちなみに巴橋沿いの遊歩道は橋桁からすこしだけ下がった位置にあるので、脇にあるこのような階段が設定されています。

巴橋そば

付近の川岸遊歩道はこんな感じ。頭上に桜のトンネルが。当然ながらさんぽのベストシーズンは春です!

 

おしまい

景色 ★★★

容姿 ★

価値 ★★

門前仲町にある巴橋、立派な名前とその由来には似つかわしくない地味な橋ですが、橋からの景色は折り紙付き。春には桜ブーストでその価値がインフレしますが、春以外だって十分にすばらしいしかりとした運河橋です。富岡八幡宮のお参りついでに、ちょっとお立ち寄りしてみて損はありません。

 

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
ブリッジ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく