チーズのこえ /北海道のナチュラルチーズの専門店のソフトクリームがすごい、うまい

スポット
チーズのこえは、清澄白河と門前仲町のちょうど真ん中にある、北海道チーズの専門店。どちらの駅からもほぼ清澄通り沿いに歩いて徒歩5〜10分程度。
チーズはもちろん、風味絶佳な週替わりソフトクリームを味わいに、必ず行くべきオススメ店です。

 

PR

どこにあるの? |お店までの行き方

最寄りは「清澄白河駅」、徒歩5分です

東京メトロ半蔵門線と都営大江戸線の「清澄白河駅」を利用しましょう。最初の出口さえ間違わなければ、道順はとてもシンプルです。

 

清澄白河駅[A3]出口

「清澄白河駅」の[A3]出口

「清澄白河駅」に到着したら、[A3]出口から地上にあがります。出口の前を南北に走る清澄通り(きよすみどおり)を左方向、門前仲町方向に進みましょう。

1~2分ほどのんびり歩くと、深川資料館通りの入口となるT字路に着きますが、ここではまだ曲がらずに右手に清澄長屋を眺めながら直進です。hane-caféやローソンなんかの前を通り過ぎ、清澄通りが右にぐぐっと曲がる四つ角に差し掛かりますが、ここも道なりに進んでいきます。

清澄通りの西側に並ぶ清澄長屋

曲がり切った後、最初の出てくる角で左折します。目印は公文! そして、お店のオープン時には小さな看板も出ているで、曲がり損ねてしまうことはないと思いますよ。

公文の脇に、小さな看板が

問題はその後。最初の路地を右折するのですが、周りにお店などは見当たらないまったくの住宅地なので、本当にここ?という感じです。

ベビーカーの女性が曲がっている角を右へ

でも大丈夫。曲がり角から先を窺えば、白い看板や店に集まるお客さんたちが目に飛び込んでくるはずです。

到着、おつかれさまでした!

最後の曲がり角からの眺め。看板があるところがお店前です

  

「門前仲町駅」からは、徒歩8分くらい

清澄通りは門前仲町まで続いているので、東京メトロ東西線が便利な方は「門前仲町駅」から向かうのもアリ。

東京メトロ東西線で到着した方に注意して欲しいのは、必ず都営大江戸線との乗り換え改札がある方向の改札から降りること。さらに、都営大江戸線の改札口の奥にある出口[6]で地上にでること! ここを出ると目の前は清澄通り。赤札堂を背に清澄通りを右側に進みます。

道なりに歩くこと6〜7分。桜の名所、仙台堀川に架かる橋を渡ったら、伊勢屋の角を右折。最初の路地を左折すると、店に到着です。

 店の外観は北海道!

 

どんなところ? |北海道ナチュラルチーズ・コンシェルジュ

北海道のガラス越しに店内

北海道にある100を超えるチーズ工房の中から選りすぐられた、約40工房のチーズを取りそろえいているナチュラチーズの専門店です。チーズはフレッシュさが最重要であるあため、その品揃えは季節さらには訪れるタイミングによってくるくる変わっていきます。

コンシェルジュの名に相違なく、店先ではショーケース越しに店のスタッフがひとつひとつ丁寧に解説をしてくれるので、選ぶのに困ることもないし、選ぶこと自体がとっても楽しく新しい体験です。話しを聞けば聞くほど、「チーズって、奥が深いなー」と少し感動してしまいます。

我が家では、毎週土曜に入荷する白糠酪恵舎のリコッタチーズをよく購入します。

チーズ工房 白糠酪恵舎
チーズ工房 白糠酪恵舎のホームページです。酪恵舎のチーズづくり、商品のご案内、取り扱い店舗、チーズの豆知識、取り扱い希望の方へ、会社概要、など。

店主はかつて農林水産省に勤務していたという人物で、北海道の酪農に並々ならぬ思いを持っています。その思いが存分に表現された店内に足を踏み入れると、下町の路地裏からどこか異空間へトリップしてしまったような妙な感覚を覚えます。これが”念”ってやつですかね。

 

そして、北海道への愛はチーズのみにとどまりません。

店内には北海道産のワインや野菜なども販売されています。特にワインは当初より品揃えが充実してきているようなですので(気のせいかしら?)、今後はワインとチーズとのマリアージュ❤セットの販売とかしていただけるのかもしれませんね。もうあったりして。

ズラッと20種類程度の品揃え。その他、シードルやフルーツワインなども

ちなみに野菜は北海道のものだけというわけではなく、他の地域の野菜も置いています。千葉県産のものが多いよな。

うれん草、春菊、菜の花、葉にんにく、パクチー、カーボロネロ?

ゆり根さま!!!

 

どこがすごいの? |今日のソフトクリーム!

撮る前につい一口食べてしまった(笑)

ウォッシュキャラウェイオーチャード、ラクレットにカビにミモレット、その他多種多様なチーズのお花畑から顔をあげて最初に訪れた方がまず買うべきは、ソフトクリーム380円です!

北海道のチーズ工房によって作り出される逸品は、原料となるミルクは週毎に変更されます。訪れた日は、遠軽町のトゥリリアム・オカダ・ファーム! 詳しくは存じ上げないのですが、なんだかとても美味しそう。笑

 

乳化剤や保存料を一切使われていないからか、ファーストコンタクトの濃厚さが、ほんの1秒後にはスッと喉で消えていきます。この感覚はなんとも甘美で、感動的。レジ前で「ぐぬぬ…」と財布を開け渋ったことなんてもはやまったく記憶から消えてしまいます。覚えてるけど。

普段あまりソフトクリームを食べなれない、食べるのを避けている人にこそ食べて欲しい、新感覚のぜいたくソフトクリームです。380円、納得です。

そしてやっぱり、ソフトクリームを食べた後は、美味しいコーヒーが飲みたくなってしまいますが、ここは清澄白河。

ブルーボトルもアライズもエンタングルもオールプレスエスプレッソも、みーんな徒歩5~10分以内です(確信犯!)。

 

おしまい

住宅街の路地裏という圧倒的に地味なロケーションをものともしない、情熱と戦略にあふれた街のチーズ屋さん。これからも清澄白河に、そのフレッシュで香りのよい北海道のナチュラルチーズを届けてくださいませ。近くには清澄庭園や東京都現代美術館などの見所がたくさん。訪れるチャンスには困らないはず。ぜひ!

東京都現代美術館(MOT)への行き方&近くのオススメ/清澄白河[アクセスガイド]
東京都現代美術館への楽しい行き方を紹介します。清澄白河に点在するカフェやショップなどの立ち寄りたいスポットも厳選ピックアップ。「アーティチョーク チョコレート」「ホゾン」「オールプレス エスプレッソ」ほかにもほかにも...
清澄庭園への行き方&&近くのオススメ/清澄白河[アクセスガイド]
清澄庭園への楽しい行き方を紹介します。清澄白河に点在するカフェやショップなどの立ち寄りたいスポットも厳選ピックアップ。「アライズコーヒー エンタングル」「ユージラーメン」「チーズのこえ」ほかにもほかにも...

 

【店舗DATA】

定休日 :不定休

営業時間 :11:00~19:00

 

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
スポット
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく