ワールドネイバーズカフェ清澄白河/木場公園隣で昼間に一杯、レモンサワー

スポット

南北にながーい長方形・木場公園の右辺上部にある、名前も見た目もオシャレなワールドネイバーズカフェ清澄白河(WORLD NEIGHBORS CAFE KIYOSUMUSHIRAKAWA)。食べものメニューもあるけど、オススメは暑い午後ににふらりと立ち寄っての一杯、喉を爽やかに潤してくれるレモンサワー! 広大な木場公園のさんぽに疲れた紳士、東京都現代美術館(MOT)の展示をじっくり見過ぎて足が棒になった淑女の皆さま、ぜひどうぞ。

PR

どこにあるの? |お店までの行き方(アクセス)

緑あふれる木場公園に隣接、すばらしいロケーションですね。

木場公園は西側が大通り(三つ目通り)に接していますが、ワールドネイバーズカフェ清澄白河がある東側は、あまり交通量が多くない一方通行の車道。

賑やかすぎる通りに面したカフェって、なんだか落ち着きません。その点ここは、休日の賑やかな木場公園の雰囲気がわずかに届きながらも、その喧噪までは聞こえない。絶妙の距離感です(住みたい)。

MOT正面から、木場公園内を歩いて4分

このカフェを利用する一番のオススメのシチュエーションは、コレです。

  1. 清澄白河駅到着、ぶらぶらしながら早めのランチ
  2. 東京都現代美術館(MOT)で 企画展をのんびり鑑賞
  3. 鑑賞の余韻と共に、木場公園を抜けてカフェで一杯 ←ココ
  4. 喉と疲れを癒したら、ゆるゆると門前仲町・森下あたりの居酒屋へ…

と言うことで、MOTからの行き方を紹介します。

MOT正面入口に向かって右側、木場公園の[多目的広場口]という入口がする見えます。

そこから公園に入って直進。150mほど進むとある逆側の公園出口を出て、右へ。公園沿いに100mほど南下すると、公園とは逆側にワールドネイバーズカフェが現れます。簡単ですね。到着!

MOTからここまで、ゆっくり歩いて4分ほど。

MOTのコンコース中頃にあるパークサイドエントランスから出ると、そこから2~3分ほどです。

とりあえず木場公園へ

とりあえず木場公園を目指せばあとはどうとでもなります。何しろ公園沿いなので。

ですが、木場駅から木場公園へとアクセスする方は要注意。木場駅最寄の木場公園入口からあるくと、ワールドネイバーズカフェ清澄白河までは、のんびり歩いて10分以上ゆうにかかります。

とにかく「現美(公園北端)の近く」ということだけ覚えておくと、なんとなく感覚がつかめるのではないでしょうか。

 

どんなところ? |

ワールドネイバーズカフェ清澄白河は、同じ敷地内にあるソーシャルアパートメント・ワールドネイバーズ清澄白河の併設店舗なんですね。

そもそもソーシャルアパートメントとは、プライベートがしっかりと保たれつつ、住人同士の交流が自然と生まれる設備&仕組みを備えた、大規模シェアハウスです。

要は、グローバルエージェンツという会社が都内を中心に運営している集合住宅(賃貸)なのですが、昨今のトレンドであるライフスタイルが、ここに凝縮されています。

  • ラウンジのある生活
  • 毎日がドラマのような日常
  • ソーシャルとプライベートの両立
  • 自分にあった間取りのセレクト

毎日ドラマはちょっと疲れそうですけど(笑)、自分に似た嗜好や世代があつまるホテルライクな生活、少し憧れます。15歳若かったら、本気で入居を検討したいところです。

コンセプト|シェアハウスよりもソーシャルアパートメント
ソーシャルアパートメントのコンセプト。シェアハウスにはないライフスタイル、それがソーシャルアパートメント。従来のマンションとは違い、プライバシーを確保し入居者同士が集うラグジュアリー空間を設置。東京その他エリアの「世界が広がる」居住スタイルをご提供します。

カフェの隣には、ランドリーが。

もともとこのランドリーの待ち時間を、カフェでのんびり過ごしてくださいね、ってことのようです。

 

オススメメニュー |

レモンサワー650円

暑い日中、木場公園での過酷なプレイを乗り越えた先、遊び疲れて完落ちした子どもを横目に流し込むレモンサワー。控えめに言って、最高です。

使っているお酒がウォッカ(フィンランディア)なので、スッと爽やかな飲み口と香りです。もう少しお酒がたくさん入っている方が味としては好みなんですが、ササっと喉を潤すための1杯と考えると、これはこれでアリ!

 

ちなみに食べ物メニューもしっかりあります。

トースティーというメニュー名のオリジナルホットサンドが人気なのですが、800~1000円とちょっとお高めです。

 

おしまい

じわじわと認知度もあがってきた、清澄白河ののんびりできるカフェ。MOTで人気の展示がある際は、美術館内カフェやレストランは超満員。そんな時に便利な、利用シーンがいろいろとイメージできる良スポットです。少し不便なエリアにあるので、あまり混みすぎないというところも、ご近所使いとしてはポイント高いです。

店舗データ

営業時間 11:00~22:00(土日祝10:00~21:00)

定休日  水

電話番号 03-6458-8853

 

以上、はいかいちゃんでした。

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
スポット
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく