汐見橋/門前仲町と木場結ぶ段ズレ!?橋(江東区-平久川)

汐見橋 ブリッジ

江東区を代表する人気エリアである門前仲町の東端にあり、そのさらに東の木場へと永代通りを渡しているのが汐見橋(しおみばし)。一見なんの変哲もない橋なのですが、よく見ると少しおかしなところに気が付きます。橋の始まりと終わりが、橋の南北でちょうど半分ズレているんです。写真で解説します。

 

PR

橋が南北でズレている!?

汐見橋

これは、汐見橋の南側歩道のちょうど真ん中から、北側を映した写真です。

ちょうど目の前に、「ここから橋が始まりますよ。」という印である親柱があることがわかります。この汐見橋、下を流れる平久川(へいきゅうがわ)が、永代橋と斜めに交わってるために、橋の南側と北側で鶴歩橋

へたくそな絵ですが、これで少しはイメージできるでしょうか…

ぜひ実際に自分の目で確認しに行ってみてください。

 

汐見橋からの風景

汐見橋北側

汐見橋から北側を望む

平久川がぐぐっと屈曲しているのがわかります。奥にギリギリみえるのが、鶴歩橋(かくほばし)です。鶴歩橋の上に走っているのは首都高速道路ですが、木場出口がこのすぐ東側にあるため二手に分かれています。

鶴歩橋/ロマンチックな名前の由来は旧町名(江東区-平久川)
鶴が歩く橋とかいて、鶴歩橋(かくほばし)。なんだかロマンチックで優美なイメージですが、橋自体はしっかりとした頑丈そうなトラス橋。名前の由来はこの橋の北東エリアの旧町名だそうです。江東区内でよく見るタイプの、しっかりとしたつくりの町橋です。
汐見橋南側

汐見橋から南側を望む

汐見橋上からの南側風景です。

汐見橋のすぐ南側で平久川と大横川(おおよこがわ)が交差しており、さらに大横川がこの交点を境に少し南側にズレているため、ひろびろとした運河溜まり(?)ができています。一面に見える川沿いの樹木は桜です。春のすばらしい風景が想像できますね。

写真左の奥に見えるのは、平久橋(へいきゅうばし)です。

汐見橋そば

これは、汐見橋の南東側遊歩道を少し歩いた先から見える、東富橋(とうとみばし)です。江東区指定都市景観重要建造物に指定されている、江東区を代表する名橋です。

東富橋/富岡の東で東富なのか、深川鼠の重要建造物(江東区-大横川)
大横川にかかる東富橋(とうとみばし)、北は富岡、南は牡丹です。その富岡の東の端にあることから東富と名付けられたのかもしれないですが、確かなことはわかりません。フラットトラスの堂々たる躯体は、江東区指定都市景観重要建造物にも指定されています。

汐見橋がある風景

汐見橋

汐見橋の北東側遊歩道からみた汐見橋です。この写真だけみると、本当になんの変哲もない橋です。

汐見橋

南側からみるとこんな感じです。

交通の要所ではあるものの、橋自体の装飾も最低限。これといった特徴がなさそうな雰囲気ですね。

汐見橋

汐見橋の上から、門前仲町方面(西)の眺めです。片側3車線の、堂々たる永代通りです。

ギリギリですが、遠く中央区八丁堀付近のビル街まで見通すことができます。

汐見橋

こちらは木場方面(東)の眺め。橋から少し下り坂になっています。

奥に見える首都高速道路の高架のすぐ南側に、深川ギャザリアがあります。ここから木場駅までは、徒歩5分ほどです。

汐見橋

歩道の幅員はゆったりしています。親柱の上の街頭は立派ですね。

おしまい

景色 ★★★

容姿 ★

価値 ★★★

江東区を代表する幹線道路である永代通りを渡す、とても重要な橋です。一方で、橋自体の魅力はイマイチですが、南北で橋の位置がズレているのが隠れたチャームポイント。門前仲町散策の折には、この橋を見物がてら、木場駅まで歩いて帰路につくのがよいでしょう。

 

【プロフィール】
はいかいちゃん

30代後半、東京のどちらかと言えば東側で暮らしている美人姉妹の父。それなりに多忙な仕事と育児の合間を縫って、せっせと街や川辺や密林をはいかいしています。好きなモノやコトは、歩く、食べる、酒、旅、買いもの、本、写真、春秋、建物、007、自宅、妻子

はいかいちゃんをフォローする
ブリッジ
PR
シェアする
PR
はいかいちゃん、街をあるく